パソコンインスト&ホームページ制作業者うさぎです。講習会や勉強、本、あとはなんでもありのブログです
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< MOTインストラクション認定研修 その後 | main | 入院してました >>
メールのマナーみたび
先に、【メールのマナー】で述べたことについては、私としては、、セキュリティなどの面では名乗ったほうがよいと思うし、「名乗って不快な人より、名乗らないで不快な人のほうが多い」のではないか、と考察しました。
【メールのマナー2】で言及した内容については、何人もの方にコメントをいただきましたが、意見が分かれ、見解がわかれ、いまだに解決を見ていません。

その2以降、もう一度ネットで見てみましたが、やはり二通りに分れています。
人材派遣の会社や、ALL About JAPAN などでは、「マナーとして敬称をつける」となっていました。ただ、ネットにある程度精通した人は「つけなくてもよい」派でした。

ここには、ネットの発展が大きくかかわってきているのではないかとおもいます。

その昔・・・パソコン通信の時代。十数年前ですが、通信速度は2400bpsくらいでした。その頃は、データのやり取りをするのに大事なことは「いかに軽くするか」でした。また、サーバによってトラブルが起きることを防ぐために、自分の名前はアルファベットで表記していました。それ以外にも、トラフィックを軽減するためにさまざまな暗黙のルールがあった時代です。

現在では、その頃の通信速度の何千倍といえるほどの速度が確保されています。
(例:ADSL 1.5Mで 2400bpsの625倍、光だと4万倍以上@あくまで理論値)
文字どころか、映画などでもネットで送れるほどの能力があります。そこに、文字数を節約することは、ほとんど意味を持たなくなっています。

また、昨今のスパムやウイルスの蔓延に伴い、アルファベット表記の名前でメールを送ると、スパム扱いされてしまうこともあります。それを防ぐためには、日本語で名前を表記する人が増えてきました。

また、インターネットの普及に伴い、以前はネットを使わなかった世代がどんどん使い始めたために、昔あった、いわゆる「ネットの暗黙のルール」ではなく、一般常識を当てはめる場合もでてきました。

敬称の有無が混在するのは、昔からネットを使っていて、それが常識でずっと使っている人と、最近になってネットを使い始めたために、一般ルールを当てはめるひとが混在し、ルールが確立していないためだとおもいます。

大手派遣会社や大手ポータルサイトで「敬称のススメ」を謳っているということは、これから世の中に出る若い人たちは、そういうルールを常識とするわけですので、今後は「敬称付き」が増えてくるのかな、とおもっています。
スポンサーサイト
COMMENT