パソコンインスト&ホームページ制作業者うさぎです。講習会や勉強、本、あとはなんでもありのブログです
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 身だしなみ | main | 接客ふたとおり >>
メールのマナー2
少し前に、「メールのマナー」というタイトルの記事をエントリーしました。そのときの内容は、メールで名乗るか名乗らないかという話でした。

今回は、私のやってしまった失敗です。

↓このあたりの本を参考に・・・
 

メールクライアントでアドレス帳にあて先を登録するときに、受信メールを右クリックしてそのまま登録している方、いらっしゃいませんか?
私だけだったりして^^;。

これがどうして「失敗」にあたるのか?

右クリックでそのまま登録すると、相手の名前は、相手が書かれたそのままになってしまいます。「●× ■子」などですね。

さて、自分がその●×さんにメールを送るとき、メールの新規作成画面で、「あて先ボタン」をクリックして、●×さんのアドレスを記載します。

相手に届くメールのToには、そのまま「●× ■子」と表示されるわけです・・・。普通手紙を書くときに、敬称を省略したあて先なんてありえませんよね。

メールも同じで、仕事上で取引先にメールを送るのに、敬称なしというのはいかにも失礼かと思われます。長くメールを使っていて、最近「そうだよねぇー」と気づいた私も問題ですが、長く使ってきた人ほど、こういうことをしている率は高そうです(@私の周囲)

返信の場合は、そのまま送らざるを得ないこともありますが、自分が第一発信者のときは気をつけないといけないなーと反省しました。
スポンサーサイト
COMMENT